文章力がないからブログを始めた結果得られたもの

ブログ運営
挨拶
くろやぎ
くろやぎ

どうも、くろやぎ(kuroyagikuncom)です!

この記事は約 5 分で読めます。

文章力がなくて、自分の思考をうまく文章にすることができないと悩んでいませんか?僕も以前は文章を書くことが苦手で、自分の言いたいことを文章に起こすことがあまり得意ではありませんでした。ただ、強制的に文章を書く環境に自分を置いたことでいくらかは改善することができました。この記事では、文章力がないからブログを始めた僕の体験談を交えながら、文章力を向上させるためにはどうすればいいのかについて紹介します。

対象読者
  • 文章力がないとお悩みの方
  • 文章力を向上させるための具体的な方法を知りたい方

もともと文章を書くのが苦手だった

元々、僕は文章力がないことに悩んでいました。学校の国語の時間なんて苦痛でしかなかった。少なくとも週に一度は読後感想文や論説文を書かされていました。その授業ではグループ内で文章を回し読みして、良い文章を書いた人はクラス全員の前で発表するという仕組みになっていて…で、発表者に選ばれた人の文章の音読を聞いていると、「あ、自分って全然文章力がないんだな…」と自分の能力の低さを感じていました。それと同時に、良い文章を書く人の真似をすれば、いつか自分も良い文章が書けるのではないかと考えていました。その後はできるだけジャンルを問わずに本を読むようにして、少しでも自分の文章力に磨きがかかるように試行錯誤しました。そんなことを続けている中でふと気づいたことがありました。それは「全く効果がない」ということ。文章が上手い人の真似をするだけでは何も意味がない。それもそうですよね、プロの歌手の音楽を聴いているだけで歌がうまくなるはずがないです。自分の努力のベクトルが明後日の方向を向いていたことに長い間気づいていませんでした。

文章力がないからブログを始めた

それから数年が経ち、再び文章力を向上させたい欲が出てきました。その時に気づいたのが、過去に自分はインプットする努力はしてきたが、アウトプットをする努力はして来なかったということ。そこで、ブログを始めることによって強制的に自分で文章を書かなければならない環境を作りました。はじめのうちは先輩ブロガーの文章を手本にして記事を書くようにしていましたが、ある程度慣れるようになったら自分らしさを織り交ぜた文章を書けるようになり、着実に文章力が向上していることを実感できました。文章をコンスタントに書く環境を自分自身に設定したことで、文章を書くことに対する障壁がほぼほぼなくなりました。文章にはある程度の型があること、伝わりやすい文章の裏にはしっかりとした論理があることを理解し、少なくとも昔よりは文章力を向上させることができました。

ブログを続けて得られたこと

かれこれ1年以上ブログ記事を書き続けてきましたが、やはり文章力を向上させるためには文章を書くことが重要であると痛感しています。どんなに上手い人の文章を読み込んだとしても自分自身が文章を書く努力をしなければ一向に成長することはできません。そして、ブログ運営を継続して行った結果、文章力以外にも得られたことがあります。嬉しい副産物です。

副産物1:タイムマネジメント力

兼業ブロガーなら共感してもらえると思いますが、日中に本業の仕事をしたうえで、帰宅後にブログ記事を書く時間を取るのはかなり厳しいです。それに学生なら帰宅後も課題なり研究なり、やらなければならないことがたくさんある人もいますからね。なので、だらだら過ごす時間なんてほぼないのが現実。いかにして毎日の時間を効率よく過ごすことができるのか、どうすれば無駄な時間を過ごさないようにできるか、これらのことを常に考える癖がブログを始めてから身に付いたような気がします。

副産物2:論理力

先ほどの文章力が向上したところでも少し触れましたが、伝わりやすい文章の裏にはしっかりとした論理があります。決して「長い文章=良い文章」ではないですからね。そう勘違いしている人が書く文章を読んでみると、読後に結局何が言いたいのかがわからない場合が多い。伝わりやすい文章を書くためには、書き始める前に自分の言いたいことの構成を深く考える必要があります。文章を書き続けてきたことで自然と論理的に物事を考えて試行を文字に起こす力が付きました。

副産物3:分析力

先ほど「インプットしかしていなかったからアウトプットをしたら改善した」と書きましたが、だからといって全くインプットがないのはダメ。先輩ブロガーの中には、ブログ記事の書き方をわかりやすく解説している人もいるので、そういう類の記事を読むのも良し。そして、自分が個人的に読みやすい、わかりやすいと思う文章を見つけて、なぜその文章がわかりやすいかを分析して自分の文章に生かすのも良し。日々成長するために何が足りないのか、他人が持っている美点はどこかを分析する癖をつけることができれば、着実に文章力を向上させることができるはずです。

副産物4:継続力

そして何より、継続力が付きました。毎日ブログ記事を書く時間はありませんが、少なくとも1日1回はブログのネタを考えたり、運営方針を考えたりと、ブログに関することを考えています。自発的に始めたことでこんなにも長く継続できたのは多分ブログが初めてです。ブログをはじめて数か月の頃は「ブログ頑張るぞ!」という勢いだけで記事を書き続けることができましたが、そこから少しペースが落ちました。ただ、全く記事を更新しなくなったということはなくて、それよりも記事を書かないのが気持ち悪いというか、なんとなくソワソワする感じがして、気づいたら書いてしまいます。見方によっては病気ですね笑。多分、これが継続力の付いた証なのでしょう。

まとめ

この記事では、文章力を向上させるためにはブログを始めるのが1つの解決方法であること、ブログを継続することで文章力以外にも自然と身についた能力があることを紹介してきました。文章力がないと悩んでいる方はブログでもなんでも良いので、継続して文章を書く環境に自分を置くことから始めてみてください。きっと変化を実感できるようになるはずです。

0

コメント

00311
タイトルとURLをコピーしました