どんなときもWiFiのSSIDとパスワードを設定する方法

IT
読了時間 挨拶 はじめ

記事は約 4 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

どうも、くろやぎ(kuroyagikuncom)です!

この記事を見に来ているという方は、すでにどんなときもWiFiを契約済みの、とある問題にぶち当たっている方だと思います。そう、「SSIDダサすぎる問題」ですよね。デフォルトのSSIDが「donnatokimo_○○」って、(笑)って感じですよね。この記事では、どんなときもWiFiのSSIDを変更する方法について、画像を使って丁寧に解説します。

【2020年】どんなときもWiFiを実際に契約してメリット・デメリットをまとめてみた。

デフォルトで使うのはまずい

先ほども少し触れましたが、どんなときもWiFiのデフォルトのSSIDは「donnatokimo_○○」という形式で、他のWi-Fiの「HUMAX-○○」とか「aterm-○○」といったおしゃれなSSIDには勝てません。なので、僕はどんなときもWiFiのSSIDを「whenever-you-are-wifi」に変更して、他人に見られても恥ずかしくないように変更しました😊(「逆にイタイSSIDになってるじゃん!」という批判は受け付けません)。まぁ、ダサい以上にこのSSIDとパスワードは端末の裏面に記載されているので、このまま使うのはちょっと問題があるかもしれません。知らない誰かに勝手にWi-Fiに接続されては困ってしまいますからね。しっかりセキュリティ対策を施しておきましょう。

どんなときもWiFiのSSIDとパスワードの設定方法

どんなときもWiFiのSSIDとパスワードの設定方法
  • どんなときもWiFiでインターネット接続

    どんなときもWiFiを起動し、インターネット接続を完了させます。インターネット接続ができる端末であれば、PCでもスマホでも構いません。
  • 管理画面を表示する

    ブラウザのアドレスバーに【192.168.43.1】と入力してアクセスします。すると、どんなときもWiFiの管理画面が表示されるので、緑色の項目をクリックします。
    http://192.168.43.1/

    これまでに特に設定を変更したことがないのであれば、ID、パスワードは、それぞれ【admin】、【admin】になっているはずです。

  • SSIDを変更

    自分の好きなSSIDとパスワードに変更します。これで自分のお気に入りのSSIDに変更することができました。

どんなときもWiFiのIDとパスワードの設定方法

先ほど、管理画面にログインする際にIDとパスワードに【admin】というデフォルトの値を入力したかと思います。ただ、もしかすると(滅多に起こりえませんが)トラブルの原因になってしまうかもしれません。例えば、カフェでどんなときもWiFiを使用してPC作業をしているとき。少し席を離れている間にSSIDとパスワードを隣に座っていた他人に盗み見られてWi-Fiに接続されてしまった場合、SSIDとパスワードを勝手に書き換えられてしまう恐れがあります。ログイン情報を勝手に書き換えられてしまうと面倒なので、この際に変更しておきましょう。まぁ、こんな状況起こるとは全く思えませんが、それよりもIDとパスワードをデフォルトのまま使ったり、他人に推測されやすいようなものにしたりしないようにする癖をつけておくことはセキュリティの観点からすると重要です。

どんなときもWiFiのIDとパスワードの設定方法
  • 管理者設定に移動

    管理画面にログインした状態で、【設定】→【Web管理者設定】をクリック。

  • パスワードを変更

    すると、IDとパスワードを設定する画面になるので、ここでお好みのものに変更します。

まとめ

この記事では、どんなときもWiFiのSSIDを変更する方法について解説しました。どんなときもWiFiのSSIDとパスワードをそのままにして使っている場合は、セキュリティ上好ましくないので、この記事を参考にして変更してみることをおすすめします。くれぐれも「whenever-you-are-wifi」みたいなダサいSSIDを付けないようにしましょう。友達減りますよ…はい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました