【2020年】どんなときもWiFiを実際に契約してメリット・デメリットをまとめてみた。

IT
読了時間 挨拶 はじめ

記事は約 8 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

どうも、くろやぎ(kuroyagikuncom)です!

しろやぎ
しろやぎ

最近CMとかで、よくどんなときもWiFiについて見るけど、何がそんなにおすすめなの?

くろやぎ
くろやぎ

どんなときもWiFiは、 ドコモ・au・ソフトバンクの回線を自動で切り替えることで、常に快適にインターネットが使えるモバイルルーターだよ。

しろやぎ
しろやぎ

へぇ~、ネットが快適に使えるんだね。

くろやぎ
くろやぎ

口コミでの評判もいい感じで、おすすめのモバイルルーターなのは間違いなしだね。

通信制限がかからないモバイルルーターとして有名などんなときもWiFi。「月間で7GBまで」といった通信容量の制限がない上、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアの回線の中から自動で回線を選択し、いつでも最適な環境でネットに接続することができます。また、どんなときもWiFiは、端末をそのまま海外に持っていて電源をオンにするだけで利用可能。事前の面倒な手続きなしで利用できるのは非常に魅力的なメリットのうちの一つです。ただ、他のモバイルルーターに比べて、端末やプランの選択肢が少なかったり、契約時に注意するべき点があったりといったデメリットもあるのも事実。そこで、この記事では、利用者数急上昇中のどんなときもWiFiのメリット・デメリットをはじめ、実際に使ってみた感想について紹介します。どんなときもWiFiを実際に契約して徹底的にレビューするので、これからモバイルルーターを契約しようと思っている方はぜひ最後までご覧ください。

対象読者
  • どんなときもWi-Fiのメリット・デメリットを知りたい方
  • 月額いくらで、どんなときもWi-Fiが使えるのか気になる方
  • 本当に通信容量が無制限で使えるモバイルルーターなのか確かめたい方

どんなときもWiFiの特徴とメリット

どんなときもWi-Fiは、データ容量無制限で、自動で最適な回線に接続するので、どんなときでも快適にインターネットを利用できます。これから、どんなときもWi-Fiの特徴、メリットについて解説していきます。どんなときもWi-Fiには、主に次の6つのメリットがあります。

Info
  • データ通信容量無制限
  • 持ち運びに便利。駆動時間は12時間
  • クラウドSIM対応(ドコモ・au・ソフトバンクの回線を自動切換)
  • 海外でも利用可能
  • 月額3,480円で利用可能
  • 契約期間は2年間

データ通信容量無制限


どんなときもWiFiの最大の特徴は、通信制限が全くないモバイルルーターであるということ。他社のモバイルルーターだと、「月間7GBまで」や「3日で10GBまで」といった、ある一定のデータ通信容量を超えると通信制限の対象になるものが多いです。「無制限で利用できる」と謳いながらも実際には通信制限が存在するものがほとんど。ただ、そんな中でもどんなときもWiFiは本当に通信制限の存在しないモバイルルーターです。実際に1日10GB以上のデータ通信容量を消費しましたが、翌日も何の問題もなく利用することができました。
どんなときもWiFiは遅い?速度制限は?実機で測定してみた

クラウドSIM対応(ドコモ・au・ソフトバンクの回線を自動切換)


どんなときもWiFiは、クラウドSIMという機能を搭載しています。クラウドSIMとは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線の中から最適な回線を自動で選択し、ネットに接続する技術です。技術の難しい話は置いておいて、要するに、現在使用している場所においてつながりやすい回線に自動的に切り替えてくれるので、どんなときでも快適にインターネットを使うことができるのです。他社のモバイルルーターは、ある特定の回線でしか通信できないことが多いので、使用する場所によっては圏外になってしまったり、極端に通信速度が遅くなってしまったりといったことが起こりえます。が、どんなときもWiFiであれば、こうした問題に遭遇することなく快適な環境でネットを使うことができます。

海外でも利用可能


どんなときもWiFiは、海外に持っていてそのまま電源をオンにするだけで使用することができます。対応している国は日本を含む世界100か国以上。どんなときもWiFiを持っていれば、国内はもちろんのこと、海外でもどんな場所でもネット環境を整えることできてしまいます。他の海外用SIMの設定や大手キャリアの海外利用のための設定に比べ、事前の面倒な手続きが必要ないのは大きなメリットです。また、利用した日数分のみの通信料金が発生するので、使い余すことがなくコスパがいいのもポイントです。

月額3,480円で利用可能


どんなときもWiFiは、月額3,480円で利用することができます。大手キャリアの複雑な料金プランと比べると、どんなときもWiFiは1つのプランのみなので、特に迷うことなく契約することができます。また、大手キャリアのプランと比較して月額料金を抑えることができるのも魅力です。どんなときもWiFiの料金を下記の表にまとめました。

どんなときもWiFiのあんしん補償

どんなときもWiFiには、月額400円の「あんしん補償」というサービスが用意されています。補償の詳細は次の通りです。機器が破損してしまったとしても安心ですね。

契約期間は2年間


どんなときもWiFiの契約期間は2年になります。他社のモバイルルーターの中には、契約期間が3年や4年のものがあり、それと比較するとメリットになります。契約期間内に解約をしようとすると違約金としてかなりの額のお金を取られてしまうので、契約期間が短いのは重要なポイントです。
また、どんなときもWiFiはクレジットカード払いと銀行振替に対応しています。なので、クレジットカードを持っていないという方でも、気軽に申し込みをすることができます。ただ、銀行振替の場合はクレジットカード払いに比べて500円ほど高くなってしまうので、その点は注意してください。
どんなときもWiFi公式サイトはこちら

どんなときもWiFiのデメリットと注意点

どんなときもWiFiは、魅力的なポイントが多く、おすすめのモバイルルーターであることは間違いないのですが、実際にはデメリットや契約時の注意点があるのも事実です。どんなときもWiFiの主なデメリットは次の通りです。

Info
  • 選べる端末は1台のみ。ディスプレイなし
  • 同時接続台数は5台まで
  • 端末はレンタルなので返却
  • 解約月以外の解約で料金
  • 3年目以降は月額料金が上がる

それでは、これら5つのデメリットについて見ていきましょう。

選べる端末は1台のみ。ディスプレイなし

どんなときもWiFiで選択できるのは「D1」という端末のみです。グレーとゴールドの2色を選択することはできます。

D1には液晶ディスプレイがないので、本体表面にあるインジケーターを見ることで、現在の電波の強度やバッテリー残量を見るようになっています。

また、使用したデータ通信容量はスマホから特定のURLにアクセスして確認する仕組みになっています。これらの情報を液晶ディスプレイで確認したいという方には若干のデメリットになるのではないでしょうか。

同時接続台数は5台まで

どんなときもWiFiのD1の同時接続台数は5台までです。通常、一人で使う分には全く問題がないと思いますが、友人と共有して使うといった用途にはあまり向きません。また、複数のスマホやタブレットを所有している人は、この点がネックになるかもしれません。

端末はレンタルなので返却

どんなときもWiFiで利用する端末は、レンタルという形で借りているものなので、解約する際にはそれを返却する必要があります。解約時に端末が破損していた場合、機器損害金として18,000円を請求される場合があります。端末の故障が心配な方は月額400円のあんしん補償に加入することでリスクを抑えることができます。どんなときもWiFiを使用するときは、レンタル品であることに注意しながら丁寧に扱うようにしましょう。

解約月以外の解約で料金発生

どんなときもWiFiを解約する際、契約更新月以外だと最大19,000円の契約解除料が発生します。更新月に解約すれば料金は0円なので、解約のタイミングはしっかり考えるようにしておきましょう。

3年目以降は月額料金が上がる

どんなときもWiFiは、契約してから2年間は月額3,480円で利用することができます。ただ、3年目以降、つまり利用開始から25か月目になると月額料金が3,980円になるので注意が必要です。

また、口座振替払いはクレジットカード払いよりも500円ほど料金が高くなるので、クレジットカードを持っている方は、クレジットカード払いで月額料金を支払うのがお得です。
どんなときもWiFi公式サイトはこちら

どんなときもWiFiの申し込み方法を解説

それでは実際にどんなときもWiFiの申し込み方法について紹介します。

どんなときもWiFiの申し込み方法
  • 公式サイトにアクセス

    まず、どんなときもWiFiの公式サイトにアクセスします。
    どんなときもWiFi公式サイトはこちら
    公式サイトにアクセス出来たら右上の【Webでお申し込み】から申し込みフォームに進みます。

  • お申し込みフォーム

    すると、次のような画面に移動します。

    支払い方法や端末の色、オプションが選択できるようになっているので、選択していきます。すべての選択が完了したら、【次のページへ進む】で次へ。
  • お客様情報の入力

    氏名や住所、クレジットカード情報などを入力する画面に移動するので、必要な情報を入力します。

  • 申し込み完了!

    申し込みが完了すると、確認のメールが届きます。

    手続き自体は簡単なので、5分もあれば申し込み手続きを完了させることができます。あとは端末の到着を待つだけです。
  • 端末到着

    待ちに待った、端末到着!

    快適なインターネット生活の始まりです。
    【どんなときもWiFi実機レビュー】端末のサイズや使い方を徹底解説!

まとめ

この記事では、利用者数急上昇中のどんなときもWiFiのメリット・デメリットをはじめ、実際に使ってみた感想について紹介してきました。どんなときもWiFiは、月額料金3,480円で使える通信容量無制限のモバイルルーターで、どんなときでも快適にインターネットを楽しめます。どんなときもWiFiに興味があるという方は、この記事を参考に申し込み手続きをして、快適なインターネット環境を手に入れてみてはいかがでしょうか?
どんなときもWiFi公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました