【データ紛失も怖くない!】無料のデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」を使ってみた【PR】

IT
読了時間 挨拶

記事は約 5 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

「大事なデータなのに、うっかり消してしまった!」そんな経験ありませんか?EaseUS Data Recovery Wizardを使えば元通りにできるかもしれません。この記事では、EaseUS Data Recovery Wizardを使って実際にデータを復元する方法を解説します。

対象読者
  • うっかり大事なデータを完全に削除してしまった方
  • ウイルス攻撃によりデータを紛失してしまった方
内容
実行環境

データ復元ソフトとは

データ復元ソフトとは、読んで字の如く、一度完全に削除してしまったデータを元の状態に戻す(復元する)ソフトウェアのことです。
例えば、必要な画像ファイルだったのにファイル自体を削除してしまい、さらにゴミ箱も空にしてしまった場合。こうなると、Windowsのエクスプローラーを使った通常のファイル操作では何もすることができません。復元しようにも、その方法がないのです。また、USBメモリに大事なデータを保存していたのに、何かの拍子でクラッシュしてしまったり、フォーマットをしてしまったりで、データを取り出せなくなってしまったなんてことも起こり得ます。
そんな、データ紛失時に役立つのがデータ復元ソフトです。データ復元ソフトを使用すれば、それらの失ったデータを元に戻すことができるかもしれません。ただ、紛失したすべてのデータを復元できるとは限らないので、データのバックアップをこまめに取ることが重要なのは明らかですが…

EaseUS Data Recovery Wizardとは

EaseUS Data Recovery Wizardは、世界160ヵ国以上の国と地域において、数千万人のユーザーに利用されているデータ復元ソフトです。このソフトの提供元であるEaseUSは、2004年に創設された企業で、データリカバリー、データバックアップ、パーティション管理、システム最適化のソフトウェアを提供しています。

主な機能は次の通りです。
• 自分自身で削除した覚えがないのに(例えば、ハードディスクの不具合により)紛失してしまったデータの復元
• ゴミ箱を空にして完全に削除してしまったデータの復元
• ウイルスの攻撃により紛失してしまったデータの復元
• 内臓のハードディスク内のデータの復元はもちろん、SDカードやUSBメモリなどの外付けデバイス内のデータの復元にも対応
• 復旧率は、驚きの97.3%!
これらの機能が無料で使えるので、試してみる価値は十分にあります。
ただ1つ注意点があって、無料版は復元できるデータのサイズが2GBまでという制限があります。サイズの小さいファイルをいくつか紛失してしまった程度なら無料版で事足りますが、サイズの大きいファイルを紛失してしまったり、ハードディスクのフォーマットをミスしてデータを紛失してしまったりした場合には、製品版を使用しなければなりません。製品版は8,900円(税込み9,612円)で購入できます。サブスクリプションではなく、買い切りなので、長い目で見れば割安なのではないでしょうか?

EaseUS Data Recovery Wizardをインストール

それでは、具体的なインストール手順について見ていきましょう。
と言いつつ、インストールウィザードに従って進めていけばOKです。インストーラーのダウンロードの手順のみ簡単に解説します。
公式サイトからインストーラーをダウンロードします。
EaseUS Data Recovery Wizard 公式サイト

ダウンロードが完了したら、インストーラーを実行し、インストールウィザードの指示に従ってインストール作業を進めて行きましょう。

EaseUS Data Recovery Wizardでファイルを復元

それでは、実際にEaseUS Data Recovery Wizardを使いながら、その機能と基本的な使用方法について見ていきましょう。今回は、USBメモリ内のフォルダとファイルを誤って完全に削除してしまった場合を想定して、ファイルの復元を試みてみます。ディレクトリ構成は次の通りです。

まず、【うっかり削除する予定のフォルダ】を完全に削除します。ちなみにですが、Shift Delでフォルダを完全に削除することができます。
では、復元をしていきます。EaseUS Data Recovery Wizardを起動すると、復元をしたい保存場所の選択をする画面が表示されるので、該当する場所(今回はUSBメモリ内のデータを復元するのでDドライブ)を選択し、【スキャン】をクリックしてスキャンを開始します。

このような感じで、スキャンされます。

スキャンが完了すると、復元可能なものの一覧が表示されます。

ただ、ファイル名だけ見てもどんな中身だったのか思い出せないときもあります。その際には、対象のファイルを右クリックし、表示されたメニューにある【確認】をクリックします。すると、復元予定のファイルをプレビューすることができます。

確認が完了したら、復元します。復元したいファイルを選択し、右下の【リカバリー】をクリックします。

すると、復元するフォルダの保存先を聞かれるので、任意の場所に設定します。

復元が完了すると、自動で復元されたフォルダが開かれるので、正常に復元することができたか確認します。

今回は、うっかり完全に削除してしまったファイルを、すべて正常に復元することができました。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、無料で使えるデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard」について紹介しました。ディスク内のデータをすべて紛失してしまうようなことはあまりないかもしれませんが、大事なデータをいくつか誤って削除してしまうことは誰にでもあると思います。そんな時に、このEaseUS Data Recovery Wizardをインストールしておけば幾分か安心できます(完全に復元できるかはわからないので、十分に安心することはできないですけどね)。まぁ、言わばデータ紛失時の「保険」のようなソフトウェアで、「あれば安心」といった感じのものでしょうか。今回紹介したものは、2GBまでなら無料で使用することができるので、ぜひこの記事を参考にして、万が一に備えてインストールして見てはいかがでしょうか?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

IT
シェアする
クロヤギ

コメント

タイトルとURLをコピーしました