パワポのスライドを動画で保存する方法

Windows
挨拶
くろやぎ
くろやぎ

どうも、くろやぎ(kuroyagikuncom)です!

この記事は約 2 分で読めます。

PowerPointを使えば、シンプルな動画を簡単に作成することができます。この記事では、PowerPointのスライドを動画として保存する方法について解説します。

実行環境
  • Windows 10
  • PowerPoint for Office 365

今回作るパワポのスライド動画

PowerPointを使って次のような動画を作成してみます。

動画として保存するスライドを作成

動画として保存するスライドを作成していきます。スライドの切り替えタイミングを任意に設定したい場合は、【画面切り替え】→【タイミング】で【自動的に切り替え】にチェックを入れ、値を変更します。

パワポのスライドを動画として保存

【ファイル】→【エクスポート】→【ビデオの作成】で、動画の解像度とスライドの切り替えのタイミングの設定を行い、【ビデオの作成】。ダイアログボックスが表示されるので、ファイルの保存場所を指定して【保存】をクリックします。ちなみに、動画のフォーマットは「mp4」または「wmv」の2つのうちから選択できます。

動画の保存には時間がかかるので、気長に待ちます。動画書き出しの進捗は、画面下部に表示されます。動画の保存が完了したら、再生して確認してみましょう。たまに、狙ったタイミングでスライドが切り替わらない場合があるので、気になる方は自分の納得のいくように修正をしていきましょう。

0

コメント

00330
タイトルとURLをコピーしました