【ヤギでもわかるPython入門】配列

ヤギでもわかるPython入門
スポンサーリンク
読了時間 挨拶

記事は約 2 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

今回はPythonでの配列について解説をします。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Pythonにおける配列

配列とは、一続きのデータのまとまりのことです。複数のデータをならべて管理することで、効率よくデータを扱うことができます。

※厳密に言うと、配列とリスト、タプル、ディクショナリ、セットは異なるものですが、ここでは理解しやすいように配列を一続きのデータのまとまりとして定義しています。

Pythonにおける配列の種類

Pythonの配列にはリストタプルディクショナリセットという種類があります。それぞれの特徴を次の表にまとめました。

「追加、削除」は、配列内にデータを加えたり、配列内のデータを除いたりすることができるか。「順序」は、データの並び順が定められているか。「重複」は、同じデータが配列内に存在できるか。それぞれ特徴があるので、使用用途に合わせて最適な配列の種類を選択します。次回以降、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

Pythonの型

これまでの講義で、整数型や文字列型について扱いました。ここで気になるのが、データ型にはどのような種類があるのかということ。Pythonでよく使われるデータ型について以下にまとめたので、これを見てデータ型について理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonの配列の扱い方
  • リスト、タプル、ディクショナリ、セットの概要

次回はPythonにおけるリストの扱い方について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました