【ヤギでもわかるPython入門】コメント

ヤギでもわかるPython入門
スポンサーリンク
読了時間 挨拶

記事は約 2 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

今回は、Pythonのコメントについて解説します。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Pythonのコメントとは

コメントを表す記号として、Pythonでは「#」(ハッシュマーク)が使われます。コメントアウトされた記述は、コメント(注釈)として扱われ、ステートメント(命令文)としては扱われないので、スクリプト実行時の対象になりません。1行のみをコメントアウトするのであればこれで十分ですが、複数行のコメントアウトをするためには少しコツが必要です。

Pythonで複数行のコメント

実は、Pythonには複数行をコメントアウトする機能が備わっていません。ただし、Pythonは何もしない文字列や式があってもエラーにならないという仕様になっているので、これをうまく利用することで複数行のコメントアウトを実現します。Pythonで複数行のコメントアウトをするためには、「’」(シングルクォーテーション)または「”」(ダブルクォーテーション)を3連続で使います。これを「3連引用符」と言います。コメントアウトとしたい部分をこの3連引用符で囲めば、その部分をコメントとして扱うことができます。

# 一行コメントアウト
# print("kuroyagi")

print("siroyagi")    # 一行コメントアウト
 
# 複数行コメントアウト
'''
print("aoyagi")
print("akayagi")
'''

ただし、コメント内に3連引用符と同じクォーテーションの3連引用符があると、そこでコメントアウトが終了してしまうので注意が必要です。また、通常のハッシュマークを用いたコメントアウトはインデントに関係なく使うことができますが、複数行のコメントアウトはインデントが正しくないとエラーになるので注意してください。

まとめ

いかがでしたか?
今回学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonでのコメントの扱い方
  • 複数行のコメント

次回はPythonのインポート文について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました