Amazonでのお買い物をもっとお得に!

【ヤギでもわかるPython入門:エスケープシーケンス】

Python

記事は約 2 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

「ヤギでもわかるPython入門」は、プログラミングの基本的な考え方を理解することができるようになることを目的とした、Python入門の記事です。
レッスン一覧はこちら

今回は、Pythonのエスケープシーケンスについて解説します。

Pythonのエスケープシーケンスとは

エスケープシーケンスとは、特殊な機能を表現するための文字の並びのことです。
と、定義だけ言われてもわからないと思うので、具体的な使用方法を解説します。

シングルクォーテーションのエスケープシーケンス

シングルクォーテーションの文字列内でシングルクォーテーションを使うためには、エスケープ文字「\」をシングルクォーテーションの前に置きます。


ダブルクォーテーションの文字列内でシングルクォーテーションを使うときはエスケープ文字は必要ありません。

ダブルクォーテーションのエスケープシーケンス

シングルクォーテーションのときと同様に記述します。

バックスラッシュのエスケープシーケンス

「¥」を2つ続けて記述します。

改行のエスケープシーケンス

「¥n」と記述します。

タブのエスケープシーケンス

「¥t」と記述します。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事で学んだエスケープシーケンスをまとめておきますね。

¥’

シングルクオーテーション

¥”

ダブルクオーテーション

¥¥

バックスラッシュ

¥n

改行

¥t

タブ

次回はPythonにおけるprintの扱い方について解説します。
【ヤギでもわかるPython入門:print】

コメント

タイトルとURLをコピーしました