【ヤギでもわかるPython入門】Google Colaboratory

ヤギでもわかるPython入門
スポンサーリンク
読了時間 挨拶

記事は約 3 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

今回は、Google Colaboratoryの設定方法と基本的な使い方について解説します。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Google Colaboratoryとは

Google Colaboratoryとは、Jupyter Notebook(対話型のプログラミング実行環境)をベースに作られた、仮想マシン上で動作するPythonの実行環境のことです。Googleアカウントを持っていれば無料で利用することができます。そして何より、面倒な環境構築なしでPythonを実行できるのが大きなポイントです。

Google Colaboratoryの設定

それでは早速、Google Colaboratoryの設定をしていきましょう。Chromeを使って、以下のリンクからGoogle Colaboratoryにアクセスします。
Google Colaboratory
はじめてGoogle Colaboratoryにアクセスした場合、チュートリアル用のノートブックが表示されます。右上の【ログイン】より、Googleアカウントでログインを済ませましょう。

これでGoogle Colaboratoryを使う準備が整いました。

Google Colaboratoryの基本的な使い方

Google Colaboratoryの基本的な使い方について見ていきます。
ノートブックを新規作成するためには、【ファイル】→【Python 3 の新しいノートブック】で作成します。

新規にノートブックが作成され、編集画面が表示されます。スクリプトを入力する部分をセルといい、この部分にスクリプトを入力して実行します。セルの左側にある▶をクリックするか、Ctrl Enterで、セル内のスクリプトを実行できます。

試しに、簡単なスクリプトを入力して動作確認をしましょう。セルの下に実行結果が表示されればOKです。

1つのノートブックには、複数のセルを含めることができます。つまり、セルは1つだけでなく、いくつでも追加することができるということです。セルを追加するには、【コード】をクリックします。

セルを削除したい場合は、セルの右上にあるゴミ箱アイコンをクリックします。
このままでは、作成したノートブックが保存されていません。せっかくスクリプトを書いたのに、データとして保存できないのでは意味がありません。現在開いているノートブックを保存するには、【ファイル】→【保存】をクリック。

すると、今ログインしているGoogleアカウントに紐づいているGoogleドライブの【Colab Notebooks】フォルダにノートブックが保存されます。

ノートブックの名前を変更したい場合は、【Untitled0.ipnnb】の部分をクリックして名前を変更できます。

ヤギでもわかるPython入門でGoogle Colaboratoryを使う

ヤギでもわかるPython入門で、Google Colaboratoryを使うときには、ウィンドウ左側に解説ページを、右側にGoogle Colaboratoryを表示すると使いやすいと思います。ちなみに、Windows PCにおいて、ウィンドウのスプリット表示はWin またはWin でできます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、Google Colaboratoryの基本的な使い方について解説しました。

  • Google Colaboratoryとは何か
  • Google Colaboratoryの初期設定と基本的な使い方
  • ノートブックはGoogle Driveに保存できる
  • ヤギでもわかるPython入門でGoogle Colaboratoryを使う

ここまででPythonを実行する環境を導入することができたので、次回からはいよいよプログラミングの勉強を本格的に始めていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました