【ヤギでもわかるPython入門:if文】

Python

記事は約 3 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。

今回は、Pythonのif文について解説します。
プログラミングにおいて条件分岐の考え方は基本になるので、しっかり確認しておきましょう。

Pythonにおけるif文の基本

if文の構文は次の通りです

ifを記述した後に条件式を記述し、その条件がTrueであれば、それ以下の処理が実行されます。
条件式の後にコロンを付け忘れないように注意しましょう。

別の条件式を定義するためにはelifを使います。
どの条件も満たさないときの処理を定義するためにはelseを使います。


条件式には両辺を比較するためには、次のような比較演算子を使用することができます。

演算子

記述例

意味

==

a == b

aとbが等しい

!=

a != b

aとbが等しくない

>

a > b

abより大きい

>=

a >= b

aはb以上

<

a < b

aはbより小さい

<=

a <= b

aはb以下

Pythonにおけるif文の条件の組み合わせ

条件式を組み合わせるためにはandとorを使います。
数学の集合と論理で言うところの、論理積と論理和のことです。
and(論理積)の場合は、 num == 1 と num2 == 2 という条件式の両方が真であれば、全体として真とみなし、その後のブロック文の処理を行います。
or(論理和)の場合は、num == 1 と num2 == 2 という条件式のどちらか一方が真であれば、全体として真とみなし、その後のブロック文の処理を行います。

Pythonのpass

上の例のelse文が実行されるときの処理としてpassと書きました。
これは「何もしない」という命令です。

Pythonはインデントによってブロックを記述しているため、何もない空のブロックを持つことができません。
すなわち、条件式の後に空のブロックがあると、構文的に正しくないため、エラーが発生してしまいます。
passを使うことでこの問題を回避することできるのです。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事で学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonにおけるif文の基本
  • if文の条件の組み合わせ

次回はPythonにおけるfor文を用いた繰り返し処理の方法ついて解説します。
【ヤギでもわかるPython入門:for文】

コメント

タイトルとURLをコピーしました