Amazonでのお買い物をもっとお得に!

【ヤギでもわかるPython入門:print】

Python

記事は約 3 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

「ヤギでもわかるPython入門」は、プログラミングの基本的な考え方を理解することができるようになることを目的とした、Python入門の記事です。
レッスン一覧はこちら

今回は、Pythonのprintについて解説します。

Pythonのprint

Python3系におけるprint関数

Python3系では「print関数」として、引数の値を指定された出力先へ出力します。
デフォルトの出力先は標準出力であるsys.stdoutです。
コマンドプロンプトでスクリプトを実行した場合は、コマンドプロンプトへ出力されます。
またprint関数ごとに改行されて出力される点に注意が必要です。

Python2系におけるprint文

Python2系では「関数」ではなく、「文」として出力をするので、「()」は必要ないです。

Pythonのprintにおける改行

Python3系のprint関数における改行

print関数では、関数ごとに改行されて出力されます。
これはデフォルトではend引数に改行「\n」が指定されているためです。
このend引数に空文字を渡すことで改行なしで出力することができます。


end引数でprintの最後に付け加える値は、もちろん空文字でなくても構いません。

Python2系のprint文における改行

printの末尾に「,」(カンマ)をつけると、改行されずに出力されます。

Pythonのprint関数におけるフォーマット出力

Pythonではフォーマットを指定して出力を行うことができます。

%を用いたフォーマット出力

C言語のprintf関数の用法に近いです。
フォーマット指定子%s、%dを使い、次の書式で記述します。

文字列 % フォーマット指定子

%sは文字列、%dは数値として処理されます。
フォーマット指定子が複数の場合はタプルで記述します。

formatメソッドを用いたフォーマット出力

Pythonのprint関数ではformatメソッドを使うことで、フォーマットを指定して出力を行うことができます。
前述した%形式よりも新しいフォーマット出力方法です。
「{}」を使い、次の書式で記述します。

文字列.format(引数)

「{}」内に整数を指定した場合は、formatメソッドの引数の順番で出力されます。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事で学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonにおけるprintの扱い方
  • print関数、print文の改行
  • Pythonにおけるフォーマット出力

次回はPythonにおける例外処理ついて解説します。
【ヤギでもわかるPython入門:例外処理】

コメント

タイトルとURLをコピーしました