【ヤギでもわかるPython入門:セット】

Python

記事は約 2 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。

今回は、Pythonのセットについて解説します。

Pythonにおけるセットの基本

数学でいうところの集合の理論と関連があります。
リストと同じように要素を変更することができますが、重複した要素を持つことはできません。
さらに、セットには順序の概念がありません。

また、タプルのように要素を変更できないfrozensetというセットもあります。
Pythonのfrozensetについては後述します。

セットは要素を「{}」でくくり、「,」で区切るようにして定義します。

{要素1, 要素2}


ただし、重複する要素は持つことができないので、下の例の’やぎ’という要素は1つの要素として扱われます。

Pythonにおけるセットの要素の追加

1つの要素を追加するときにはaddメソッド、複数の要素を追加するときにはupdateメソッドを使います。


しつこく説明しますが、要素の重複はないことに注意して下さい。

Pythonにおけるセットの要素の削除

セットから要素を削除するには、removeメソッドまたはdiscardメソッドを使います。
指定した要素が存在しないとき、removeメソッドはエラーを起こすのに対し、discardメソッドは何も起こしません。

Pythonのfrozenset

要素の変更をすることができないfrozensetは次のように定義します。

frozenset({要素1, 要素2})

要素の追加や削除ができないため、上で扱ったremoveメソッドやdiscardメソッド、addメソッド、updateメソッドを使うとエラーが起こります。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事で学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonにおけるsetの書式
  • setの要素の追加、削除
  • frozenset関数によるfrozensetの定義と使い方

次回はPythonにおける条件分岐の方法について解説します。
【ヤギでもわかるPython入門:if文】

コメント

タイトルとURLをコピーしました