【ヤギでもわかるPython入門:スライス】

Python

記事は約 2 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。

今回は、Pythonのスライスについて解説します。

Pythonのスライスとは

「スライス」という表記法を使うことで、シーケンスから範囲を指定して要素を取得できます。
シーケンスとは、「一続きのもの」という意味で、Pythonではリストやタプル、文字列などのことを指します。
ただし、ディクショナリやセットには順序の概念がないので、これに含まれないことに注意しましょう。

Pythonのスライスの書式

スライスの書式は次の通りです。

シーケンス[開始位置:終了位置:ステップ幅]

シーケンスに続けて「[]」の中に開始位置、終了位置、ステップ幅を指定します。
ステップ幅を指定することで、指定数ごとの要素を取得することができます。
ただ、開始位置、終了位置、ステップ幅は必ずしも指定しなければならないものではありません。

Pythonのスライスで要素を取得

開始位置を指定し、終了位置を省略することで、開始位置から末尾までの要素を取得することができます。


開始位置を省略し、終了位置を指定することで、先頭から終了位置までの要素を取得することができます。


開始位置と終了位置を指定することで、開始位置から終了位置までの要素を取得することができます。


負の数を指定することで、末尾から指定位置までの要素を取得することができます。


範囲指定が要素数を超えている場合は、超えた分が自動的にカットされます。

Pythonのスライスで要素を代入

要素の代入における範囲指定方法は、要素の取得における範囲指定方法と同じです。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事で学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonのスライスの概要
  • スライスで要素を取得、代入

次回はPythonにおけるコメントの扱い方ついて解説します。
【ヤギでもわかるPython入門:コメント】

コメント

タイトルとURLをコピーしました