【ヤギでもわかるPython入門】タプル

ヤギでもわかるPython入門
スポンサーリンク
読了時間 挨拶

記事は約 1 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

今回はPythonでのタプルについて解説します。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Pythonにおけるタプルの基本

タプルは作成した後の変更(追加や削除)ができません。それ以外の特徴はリストと特に変わりありません。タプルは要素を「()」でくくり、「,」で区切るようにして定義します。

構文
(要素0, 要素1, 要素2)

タプルは作成後の変更が不可能なので、関数の戻り値として使用することが多いです。

def calculate(a, b):
	plus = a + b
	minus = a - b
	return (plus, minus)
	
print(calculate(3, 2))

まとめ

いかがでしたか?
今回学んだことをまとめておきますね。

  • Pythonにおけるタプルの書式
  • 関数の戻り値としてタプルを使う方法

次回はPythonのディクショナリの扱い方について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました