無料パスワード管理アプリ「LastPass」の使い方【Google Chromeでも使える!】

Windows
スポンサーリンク
読了時間 挨拶

記事は約 5 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

この記事では無料パスワード管理アプリ「LastPass」の使い方を紹介します。

対象読者

どんどん増えていくパスワードの管理に面倒くささを感じている方
安全性の高い方法で管理したいと考えている方
簡単なパスワードや使いまわしがよくないとはわかっていても、覚えるのが大変でそうしてしまう方

サービスを使うときに必ず必要になるのが、IDパスワード
最近は多くのサービスが使えるようになって便利な反面、どんどんIDとパスワードが増えていき、管理するのも一苦労。
だからと言ってパスワードを適当に管理していると、不正ログインに使われてしまうリスクが大きくなってしまいます。

しかし、無料で使えるパスワード管理アプリ「LastPass」を使えば、これらのお悩みが解消されるはずです!
Android、iOSで使えるのはもちろんのこと、ブラウザ(Safari、Chrome、Firefox)でも使うことができてしまうんです!

この記事を読むと、以下のことができるようになります。

内容

パスワードを適当に管理することの危険性を理解できる
無料パスワード管理アプリ「LastPass」のアカウント作成方法と使い方

それではこれから無料パスワード管理アプリ「LastPass」について、豊富な図とともに解説していきます。

実行環境

Windows10
Android7.0
Google Chrome70

スポンサーリンク

パスワード管理の重要性

パスワードを適当に管理していませんか?

ロックのかけていないスマートフォンにパスワードをメモしていたりしませんか?
そもそもスマートフォンにロックをかけていない時点でかなりリスキーなのですが、その上パスワードのかけることのできないメモ帳などのアプリに様々なサービスのIDやパスワードを記入するのはとても危険です。
スマホを紛失したり、少し目を離したりした瞬間にパスワード全漏洩のリスクと隣り合わせになります。

忘れないように同じパスワードを使いまわしていませんか?

パスワードを忘れないように、いつも同じパスワードを使いまわしたりしていませんか?
これはかなりセキュリティ上よろしくない状況です。
もし、あるパスワードが何らかの影響で他人に不正に知られてしまった場合、そのほかのサービスも芋づる式に不正ログインされてしまう恐れがあります。

パスワード管理アプリ「LastPass」のアカウント作成方法と使い方

そんな面倒なパスワード管理をアプリで克服することができます。
ネット上には様々なパスワード管理アプリが存在していて、無料のものもあれば有料で高機能のものもあり、玉石混交です。

その中でも僕がおすすめするのは、「1password」「LastPass」です。
「1password」と「LastPass」はユーザー数の大半を占めていて、アプリのレビューも良さげです。
ですが、「1password」は課金しないと使いづらいため、今回は貧乏学生の僕がより使いやすいと感じる「LastPass」の方について解説します。

Google Chrome拡張機能「LastPass」の追加

次のリンクから、公式サイトにアクセスします。

LastPass|パスワード マネージャ、自動フォーム入力、ランダム パスワード ジェネレータ、安全なデジタル ウォレット アプリ
LastPass|パスワード マネージャ、自動フォーム入力、ランダム パスワード ジェネレータ、安全なデジタル ウォレット アプリ

【LastPass Free】を入手をクリック。

アカウントを新規作成します。

アカウントの作成が終了したら、拡張機能をインストールします。
【Install LastPass】をクリック。

Chromeウェブストアが開くので、【Chromeに追加】をクリック。

追加できたら、右上にあるアイコンをクリックしてログインします。

Chromeからインポート

今までブラウザに保存してきたIDとパスワードをLastPassにインポートすることができます。

アイコンをクリックし、【その他のオプション】→【高度な設定】→【インポート】→【Google Chromeパスワードマネジャ】の順にクリックします。
Chrome用のバイナリ版LastPassをインストールします(再起動を促されたらブラウザを再起動しましょう)。

ダウンロードしたexeファイルを実行してインストールを進めてください。
インポートが完了すると、ブラウザが起動し、インポートに成功したパスワードの一覧が表示されます。

Amazonで使ってみた

それでは実際にAmazonで使ってみます。
テキストボックスの横にアイコンが表示されています。

これをクリックすることにより、該当するパスワードを参照することができます。
該当するパスワードが見当たらない場合には、右上のアイコンをクリックして【Open my vault】をクリック。
「amazon」と検索すれば該当する情報が表示されます。
アイコンをクリックしてIDとパスワードを確認することができます。

また、アカウントを新規作成する際にパスワード記入欄の右にあるアイコンをクリックすると、強力なパスワードを自動生成してくれます。

Androidスマートフォンでも使えるようにする

LastPassはアンドロイドスマホでも使うことができます。
Google Play Storeで「LastPass」と検索し、アプリをインストールします。
インストールが完了したら、先ほど入力したマスターパスワードを使ってログインします。
すると、AndroidスマートフォンでもLastPassに登録されているキーワードを参照することができるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

あなたの大切な情報が失われる前に、パスワード管理方法を見直してみましょう。
そして、パスワード管理をおざなりにしてしまっている方は、ぜひLastPassを使ってみてください!

Windowsユーザーにおすすめのセキュリティソフト7選

▼セキュリティ対策、しっかりできていますか?Windowsユーザーにおすすめのセキュリティソフトを厳選いたしました。
Windowsユーザーにおすすめのセキュリティソフト7選

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク
Windows
シェアする
クロヤギ

コメント

タイトルとURLをコピーしました