プログラミング初心者が陥りがちな絶対にやってはいけない勉強法

IT
読了時間 挨拶 はじめ

記事は約 5 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

どうも、くろやぎ(kuroyagikuncom)です!

プログラミングってどうすれば効率よく学ぶことができるの?

「これだけはするな!」っていう、効率の悪い間違ったプログラミングの勉強方法ってある?

プログラミング初心者におすすめの勉強法教えて~

このような疑問を持っている方を対象に、プログラミング初心者が陥りがちな絶対にやってはいけない勉強法について解説をしていきます。

絶対にやってはいけない間違ったプログラミングの勉強法

絶対にやってはいけない間違ったプログラミングの勉強法、それは分からなかったこと、調べたことなどを逐一紙のノートにメモしてしまうことです。プログラミングの勉強で紙のノートを使うことのデメリットは主に次の2点があります。

  • 分からないことがあった時に素早く検索ができない
  • ノートに文字を書くという行為をするだけで勉強したつもりになってしまう

検索ができない


まず一個目の検索ができない点について。プログラミングの勉強をしていると「この前勉強したあの文の書き方はどうだったっけなぁ」とか「この関数の引数は何だっけ」という風に、過去に勉強したにもかかわらず内容を忘れてしまい、情報を検索し直さなければならない場面が何度もあります。しかし、紙のノートのメモだと、いざわからないと思った時に検索をしようと思っても、該当するページを探すのに非常に時間がかかってしまいます。ノートのどこかに書いてあるのは覚えていても、どこに書いてあったかまで覚えられる人はそう多くはないはず。そうするよりかは、パソコンやスマホなどのメモアプリにデジタルデータとしてメモしておいた方が、後から調べたいときに素早く検索をかけられるので、該当箇所をすぐに見つけることができます。せっかく自分がきれいにまとめたノートだからといって、ノートから該当箇所を探すことに執着していると、それこそ時間の無駄になってしまいます。なので、毎回情報検索する際の手間を少しでも省くために、紙のノートにメモするようなプログラミングの勉強方法は避けたいところ。
もしくは、分からないことをいちいちノートに書いていくよりかは、体系的かつ網羅的にまとまっている参考書を一冊買って、重要な箇所、自分が知らなかった箇所などにハイライトをした方が情報の検索の効率が上がります。ノートにメモをするよりかは、こちらの方法の方がおすすめ。

勉強したつもりになってしまう


2個目の欠点がノートにメモするような勉強法だと、ついつい勉強したつもりになってしまうということです。これは勉強全般に言えることかもしれませんが、ノートを取っていると、自分の頭には記憶として残っていないのにもかかわらず、なぜか勉強したつもりになってしまいます。ノートにメモを書くことによって「勉強しているぞ」という感覚を得ることはできるかもしれませんが、プログラミングの知識を定着させることはできません。プログラミングを上達させるためには、ノートにメモを書くのではなくテキストエディタにコードを書くことが一番重要です。プログラミングは手を動かしてコードを書き、実際に動作させて勉強していくのが、一番上達への近道です。どんなに頭の中に知識だけを入れたとしても、実際に使ってコードを書くことができなければ何の意味もありません。なので、インプットよりもアウトプットに重きを置くようにしましょう。

初心者におすすめのプログラミング勉強法

それでは具体的なアウトプット方法はどうすればいいのか。一つの例として挙げられるのが、自分の失敗した経験を他の人に説明してみることです。「いや、そんなこと言われてもプログラミングの話をできるような友達いないし…」と思った方、安心してください。Qiitaというプログラミングの情報共有サービスをご存知でしょうか?プログラミングを勉強している人は、一度は目にしたことのあるウェブサービスだと思います。Qiitaではプログラミングについての解説記事が多く掲載されていて、エラーが出た際の対処方法やライブラリの使い方など、非常に多くのジャンルの解説記事が投稿されています。会員登録をするとユーザーはQiitaに記事を投稿することができるようになり、自分の知識や体験を多くの人に共有する事ができます。なので、具体的なアウトプット方法の一例として、Qiitaに解説記事を投稿してみることをおすすめします。
Qiita 公式サイト
記事を書いてアウトプットする際に重要なのが、読者に対して分かりやすく内容を伝えるということです。人にものを教えるときには、自分がその内容について深く理解しているということが大前提になります。逆に言うと、その内容を深く理解していないと説明できないので、自分がどれぐらいその内容に対して理解しているかを確認することができます。
知識を学ぶ、そして人にわかりやすく伝える、そしてまた知識を学ぶ。このループを無限に回すことで、知識が自分の血肉となり、プログラミングの上達が非常に早くなります。繰り返しになりますが、紙のノートにメモを書くのではなく、テキストエディタにコードを書きましょう。そして、自分がわからなかった内容や失敗の経験がある場合は、QiitaなどのWebサービスに記事を投稿して、その内容について解説を出来るようにしっかり理解するようにしましょう。僕みたいにブログで記事を投稿するのもありですよ。まぁ、気軽に投稿するなら既存のWebサービスを使った方がいいかもしれませんが…

プログラミングの勉強に役立つメモアプリ

また余談ですが、メモを取る場合におすすめのアプリがOneNoteというMicrosoftが提供しているメモアプリです。OneNoteは複数のパソコンやスマホ間でノートの内容を同期することができるので、僕も普段からメモアプリとして非常に重宝しています。もちろん無料です。また、先ほども言いましたがノートにデジタルデータとしてメモを残すことによって、後から検索する際の時短になります。気になる人はチェックしてみてください。
OneNote 公式サイト

まとめ


今回は絶対にやってはいけない間違ったプログラミングの勉強方法について解説しました。この記事を参考にして、自分なりの効率よくプログラミングを学習する方法を模索してみてはいかがでしょうか。では、良いプログラミングライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました