自作モジュールをつくったら、PYTHONPATHを通そう!

Python
スポンサーリンク
読了時間 挨拶

記事は約 1 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

コードを書いているときに、「この処理をする関数、前にも書いたな…」と思うことって、よくありますよね。
何回も何回も同じコードを書くのは非効率で、ウェイストオブタイムです。
なので、よく使う自作の関数は一つのパッケージにまとめてあげちゃいましょう!

対象読者

自作関数をつくったけど、管理の仕方が分からない方
PYTHONPATHの通し方を知りたい方

内容

自作関数の管理術を習得できる
車輪の再発明とはおさらば
Pathの通し方を完璧に理解できる

実行環境

Windows10
Python3.6

スポンサーリンク

パッケージにPATHを通す

今回は、Cドライブ直下にMyModuleフォルダ(C:\MyModule)がある場合の設定をしていきます。

「パス」で検索して、【環境変数を編集】

【ユーザー環境変数】→【新規】

【変数名】を「PYTHONPATH」
【変数値】をパッケージのディレクトリに(C:\MyModule)

【OK】!

まとめ

最初のうちは、自作モジュールのことなんて特に気にする必要もありません。
段々とpyファイルが増えて、「同じような処理を何回も書いて消耗してるな~俺」と思い始めたら、工夫してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました