理系大学生が教える大学用PCの選び方

大学生
読了時間 挨拶

記事は約 8 分で読めます。

くろやぎ
くろやぎ

みなさん、こんにちは!
くろやぎ(kuroyagikuncom)です。
よろしければ、Twitterの方にも遊びに来てください。

この記事では大学用PCの選び方を理系大学生が解説します。

対象読者
  • 大学生に適したPCがどれかわからない方
  • 大学でのPCの使い道を知りたい学生の方

大学で使うPC選びに迷っているそこのあなた!

大学では自分専用のPCがあると、とても便利です。
というよりも、自分専用のPCがないと大学のPCを借りる必要があり、いちいち申請しなければならなかったり、使いたいソフトウェアを使うことができなかったりという制約があり、かなり不便です。

なので、大学では自分専用のPCを持っていた方が断然いいです。
しかし、現在は数多くのメーカーから様々な機種のPCが販売されていて、その中からどんなPCを選べばいいのか、悩んでしまうかもしれません。

そこで、この記事では理系大学生がおすすめするPCはもちろんのこと、PCを買う際にどのような点に注意すればいいかという「選び方」も紹介します。

この記事を読むと、以下のことがわかるようになります。

内容
  • 大学生おすすめのPC
  • PCを買う上での見るべきポイント(CPUや記憶容量)
  • PCと一緒に買った方がよいもの
  • 生協のパソコンを買うべきか否か

また、次のような使い道を想定しています。

  • 大学の講義や課題、ブラウジング、簡単なコーディング
  • 使うソフトは主に、MS Office(Word、Excel、PowerPointなど)
  • ほぼ毎日大学に持参

それではこれから大学用PCの選び方について、解説していきます。

大学用PCの選び方

PCが必要なのはわかったけど、何を基準にして選べばいいのかわからないという方に向けて、次の4つの視点で解説します。

  • サイズ
  • 重量
  • バッテリー
  • スペック

サイズ

一般的なノートPCの画面サイズは、11インチ、13インチ、15インチの3種類です。
これらの中でおすすめなのが、13インチのディスプレイサイズです。
11インチだと、ちょっと字が小さくて見えづらかったり、画面領域が狭くてソフトウェアが使いづらかったりすることがあります。
逆に15インチPCは、かなりサイズが大きいので、持ち運びも大変ですし、それ以上に講義中で使う際には机のスペースがPCに占領されてしまいます。
なので、これらのいいとこ取りをした13インチが最適でしょう。

重量

外出時の持ち運びを考えると、重量についても注意しなければなりません。
最近のPCは薄型&軽量化されているので、1㎏を切ればよし、1.5㎏以下でも耐えられるといった感じです。
しかし、重さが2㎏を超えるPCを担いで大学に行くとかなり疲れます。
なので、おすすめは1.5㎏以下の重さのPCです。

バッテリー

外出先では自由に給電することができるとは限らないため、PCの駆動時間も考慮する必要があります。
人によって用途が違うので、一概には言えませんが、僕の使用経験から言うと駆動時間が10時間を超えていれば安心といったところでしょうか。
ただし、実際に公称値とブレがあったり(企業の策略…)、バッテリーが消耗してしまったりということがあるので、「充電器を持ち歩きたくない」という方は、できるだけ駆動時間の長いものを選ぶことをおすすめします。

スペック

PCを大学で使うといっても、大体の用途は次のようになるでしょう。

  • Wordでの文書編集
  • Excelでの表計算
  • PowerPointでのプレゼン作成

なので、スペックはそこまで気にする必要はないですが、理系学生の方はごくまれに激重のソフトを使う機会があるので、注意が必要です。
「最低限このスペックあれば大丈夫でしょう」というスペックを書いておきます。

  • CPU:Intel Core i3
  • RAM(メモリ):4GB
  • ROM(記憶容量):128GB

ちなみに、僕が現役で使用しているPCのスペックは次の通りです。

  • CPU:Intel Core i5
  • RAM(メモリ):8GB
  • ROM(記憶容量):512GB

これぐらいのスペックならば、特に不自由なくソフトを使うことができます。
スペックが高いとその分値段も高くなってしまうので、できるだけスペックの低いものを買うのも1つの選択肢ではありますが、タブレットなどでも使われているIntel AtomプロセッサーをCPUとして使っている廉価なPCだと、ソフトを使っている際にもっさりする場合があるので注意が必要です(もっさり=動作が重く、鈍い感じ)。

スペックのまとめ

  • サイズ:13インチ
  • 重量:1.5㎏以下
  • バッテリー:10時間以上
  • CPU:Core i3 以上
  • RAM:4GB以上
  • ROM:128GB以上

WindowsかMacか?

これも大きな選択ですね。
多くの人がPCを選ぶ際に悩むポイントです。
僕は、「Windowsが絶対に良い!」とか「Mac一択でしょ!」といった、単一的な評価はしません。
なぜなら、WindowsにはWindowsの、MacにはMacのいいところがあるからです。
なので、それぞれのいいところを取り上げて、それぞれの特徴を見ていきます。

Windowsのいいとこ

拡張性が高い

有料、無料に限らずソフトウェアの数が充実しています。

周りにWindowsユーザーが多い

使い方に関してわからないことがあって誰かに質問をする際に、やはりユーザー数の多い方が質問に答えられる人の数も必然的に多くなるので、この点は重要です。
また、多数派に合わせることで互換性の問題が起こりにくくなります(Macで作成した文書をWindowsで開くと文字化けすることがあります)。

安い

様々な会社から販売されているため、中には価格重視で作られたものもあり、「お金がないからできるだけコスパのいいものが欲しい」という方にはぴったりです。
選択肢が多いのはWindowsの魅力です。

Macののいいとこ

インタフェースがすばらしい

Appleの開発したソフトウェアとハードウェアを使うため、統一感のあるインタフェースが魅力です。

なんとなく、かっこいい(笑)

なぜかはわかりませんが、僕の大学の「イケてる学生」はMacを所有している傾向があります。

iPhoneアプリの開発

当然と言えば当然ですが、iOS用のアプリはMacでしか開発することができません。
(と言いましたが、Windowsでも頑張ればできます)

生協のPCは買うべきか否か?

入学時に渡されるパンフレットの中に必ずと言っていいほど載っている「生協PC」。
大学生協が大学生に合う(だろう)PCをピックアップして、保証を付けて販売してくれているのですが、普通の大学生の用途からすると、それらのPCは少しオーバースペックな気がします。
価格も20万円前後のものがほとんどです(スペックや保証を考えるとそのぐらいの価格になってしまうのかもしれませんが)。
なので、僕はあまりおすすめしませんが、大学用PC選びの一つの選択肢になりうるので、特徴をまとめておきます。

  • どんな使用用途にも耐えうる、十分なスペック
  • 在学期間中の安心保障(多くの場合は4年間です)
  • セキュリティソフトソフトが付いてくる
  • その他、PCケースなどの特典が付いてくる

生協のPCには以上のような特徴がありますが、やはり自分で選んでPCを購入にした方が、より自分のニーズに合ったものを手に入れることができるため、生協のPCの購入はあまりおすすめしません。

PCと合わせて必要なもの

最後に、PCを買った後に必要なもの、あったらよいものを紹介したいと思います。
これらは購入時にセットで販売されていたり、大学側が無料で提供していたりするものもあるので、必ず確認してから購入することをおすすめします。

ウイルスソフト

PCを「変な」使い方で使っていなければ、特にウイルスについて心配することはありません。
しかし、ウイルスソフトをインストールしておくことで安全性は向上します(100%安全になるということはないので、ユーザー自身のメディアリテラシーも必要です)。
ちなみに、僕の大学では在学期間中に限り無償で提供されています。

Microsoft Office

大学の講義や課題で必ずと言っていいほど使用するソフトになります。
講義でのレポート作成や実験での表計算、ゼミでのプレゼン発表など、PCを買う一番の目的になるのではないでしょうか。
ちなみに、僕の大学では在学期間中に限り無償で提供されています。

マウス

タッチパッドで作業していると、やはり効率が悪いと感じてしまうときがあります。
そんな時に役立つのがマウス。
特に、無線式のマウスは持ち運びに便利で、なおかつコードレスのため使い勝手が非常に良いです。
モデリングや、デザイン系のソフトウェアで多いのですが、ソフトウェアによってはマウスがないと話にならないものもあるので、買っておいて損はないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

大学生の目線から、最適なPCの選び方を考えてみました。
今回取り上げた基準がすべてというわけではないので、あくまでも参考程度にして、自分に合う最適なPCを探してみてください。
この記事がその手助けになれば幸いです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

大学生
シェアする
クロヤギ

コメント

タイトルとURLをコピーしました